スタッフブログ

「新しく注文住宅を建設する」「汚れが目立つから外壁を塗り替えたい」と、住宅の外壁の色を決めたり変えたりする理由はさまざまですが、何色を塗装すれば良いか正直あまり分からないですよね。

今回は、住宅の外壁をグレーと黒色に塗装するメリットについて紹介するので、外壁の色でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

外壁をグレーにするメリット

外壁をグレーにする主なメリットは、汚れが目立ちにくくなることです。

外壁は常に外の空気に晒されているので鳥の糞や砂埃、車道に面しているのであれば車の排気ガス、また天候の影響によってコケやカビなど様々な種類の汚れが付着します。

このような汚れは中間色であるため、そのような色を目立ちにくくしてくれたり、隠してくれたりするグレーは外壁におすすめの色の一つです。

その他に、グレーは、落ち着いた上品な印象を与えてくれます。

モダンでお洒落さも兼ね備えていて、日本人に好感を持たれやすい色でもあります。

有彩色にも無彩色にもできるので、色味を変えることで周りの景観に溶け込む色を選べ、近所のどのような景観にも合わせられます。

逆に個性を出したいのであれば、濃淡で色を変え、自分の理想的な色味にすることがおすすめです。

外壁を黒にするメリット

黒は、光を反射しない色のため外壁に使うと一気に高級感が出ます。

マットな質感にするとモダンな印象になり、逆に艶や光沢のある質感にすると重厚感を演出することができ、質感によって住宅の印象が変えられます。

日本の中でも、一軒家で外壁を黒に塗装している住宅は少ないため、個性を出したい方にとってもおすすめです。

黒は色の中で最も暗い色であるので、一緒に使う主役の色を際立たせる効果もあります。

様々な色と相性がいいため、自分の好みに合わせた配色で外観の印象を変え、周りと差をつけたお洒落な住宅にできます。

その分、黒はシンプルであるため、配色を選ぶときはデザインセンスが試されます。

日光の当たり方や質感によって、印象がガラリと変わるので、シミュレーションを何度も根気強くすることが大切です。

まとめ

今回は、住宅の外壁を黒やグレーにするメリットについて紹介しました。

自分のセンスだけで外壁の色を決定してしまうのは不安ですよね。

そういう時は、プロに相談することがおすすめです。

当社は外壁の塗装やDIYサポートのサービスを提供しています。

外壁についてお悩みの方や興味がある方は、ぜひ気軽にご相談ください。

ピックアップPICKUP