スタッフブログ

屋根塗装は高いところに登る危険な作業であるため、足場を作らなければなりません。
足場代は高額なため、なるべく削減したいと考える方が多いかもしれませんが、足場なしで作業すると法令に抵触する可能性があります。
そこで今回は、屋根塗装に足場が必要な理由と、足場が完成したら注意すべき点について解説します。

□屋根塗装に足場が必要な理由

屋根塗装に足場が必要な理由は、作業員の安全だけでなく家主を守る目的もあります。
ここからは、屋根塗装に足場が必要な理由を3つご紹介します。

*水しぶきや塗料の飛散を防ぐ

足場に養生シートを貼ることで、塗装前に行う高圧洗浄の際に発生する水しぶきや、塗料の飛散を防ぐことが可能です。
養生シートを貼らずに高圧洗浄すると周囲に多大な迷惑をかけることになります。

さらに吹きつけ型、ローラー型問わず、塗料は風が吹くと簡単に飛散してしまうため、近隣トラブルを防ぐためにも、足場を設置し養生シートを貼ることで安心して工事を進められます。

*周囲への視線に配慮する

近隣の住宅に住む人にとって、屋根塗装をしている作業員からの視線は気になるものです。
足場を設置し養成シートを貼ることで、視線を遮ることができ、作業員の姿も見えにくくなるため、近隣住民に配慮して足場を作り養成シートを貼り付けましょう。

*施工不良をなくす

足場なしで屋根塗装をすると、最も重要な端部の作業が非常にやりにくく、雨漏れといった不具合を起こすなど、塗装の品質が低下してしまいます。
足場がないと作業員が不安定な体制で作業をしなければならないため、高品質の作業ができなくなります。
施工不良をなくし、建物の品質を担保する目的でも、足場は必要です。


さらに、足場を作ると家主が作業の様子を見られるようになります。
作業内容や状態を自分の目で確認できるため、家主の安心にも繋がるでしょう。

□足場が完成したら注意すべき点

屋根塗装の際には必須の足場ですが、足場が完成したあと、注意すべき点が主に2つあります。


1.防犯面への注意

戸建て住宅にお住まいの方の中には、2階の施錠をしていないという方も多いのではないでしょうか。
普段は侵入が難しいため、施錠していなくても危険は少なかったかもしれませんが、足場ができると2階への侵入は簡単になってしまいます。
外出時や就寝前は全ての窓を施錠しましょう。


2.ストレスを感じやすくなる
施工期間中は作業員が足場を頻繁に使用するため、窓やカーテンを開けられなかったり、洗濯物を外に干せなかったりします。
日常生活に支障をきたすことも少なくないため、ストレスに感じる方も多いかもしれません。
不安がある場合は事前に業者に相談しておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は、屋根塗装に足場が必要な理由と、足場完成後の注意点を解説しました。
作業員の安全だけでなく、飛散による近隣トラブルの防止や、施工不良をなくすためにも足場は設置するようにしましょう。
また、足場を設置した際は窓の施錠をしっかり行い、日常生活に支障をきたす可能性があることも考慮しておきましょう。
以上のことを参考にして屋根塗装の際は、必ず足場を設置するようにしてください。

ピックアップPICKUP