スタッフブログ

「雨漏りがひどく屋根の修理が必要」「強風や台風に耐えられる屋根に変えたい」という悩みをお持ちの方はたくさんいるでしょう。

そんな中で、どの屋根材を選べば良いかわからない人は少なくないでしょう。

今回は、スレート屋根とガルバリウム鋼板の違いについて解説・比較するので、ぜひ参考にしてください。

スレート屋根とガルバリウム鋼板の特徴

スレート屋根は、強力なセメントと粘土を使用した屋根材であり、近年新築住宅での人気が高くなっています。

スレート屋根には、化粧スレートの平型スレート・厚型スレート・波型スレートの3種類と天然スレートの合計4種類あります。

天然スレートは、天然石が使用されていて、耐久性が高く色褪せないことが特徴です。

そのため、希少価値が高く高級屋根材として知られていて、化粧スレートと比較すると工事費用が高価であることが多いです。

化粧スレートの中で最もポピュラーな屋根材は、平型スレートです。

多くの新築住宅で使用されている平型スレートは、セメントを多く使っており表面が着色されていて非常に薄い(5mm程)の板を使っています。

機能性が高く比較的に工事費用が安価であるため、コストパフォーマンスも高いことが特徴的です。

ガルバリウム鋼板は、外壁や雨樋にも使われていて、金属で作られておりメッキで塗装されているので、錆びにくいことが特徴です。

地震と風にも強いため、自然災害の多い日本で住むにはとても魅力的ですよね。

また、薄いので加工がしやすく、どんな住宅にも合わせやすい屋根材となっているのでスレート屋根とともに、近年人気が高まっている屋根材の一つです。

スレート屋根とガルバリウム鋼板の違い

スレート屋根とガルバリウム銅板は両方とも、耐久性が高くカラーバリエーションも豊富なため、多くの住宅に使用されている人気の屋根材です。

どちらの方を選ぶべきなのかは、一人一人の重要視するニーズによって変わります。

二つの屋根材を比較するので、ぜひ参考にしてください。

スレート屋根とガルバリウム鋼板は、二つとも屋根材の中では比較的安価ですが、どちらかと言えば、スレート屋根の方がより安価で手に入れやすいです。

ガルバリウム鋼板は、板金工事の専門業者が施工することが多く、それと比べると施工会社が多いスレート屋根の方が手に入れやすいことが、安価な理由の一つとして挙げられます。

しかし、リフォームをするのであれば、カバー工法を用いたガルバリウム鋼板の方が安価に施工できます。

既存の屋根の上から新たにガルバリウム鋼板を覆うため、既存屋根を撤去して新しく敷き直す工事よりも費用を節約できます。

断熱性や防音性を重視するのであれば、どちらかといえばスレート屋根の方が優れています。

ガルバリウム鋼板は非常に薄い屋根材であるため、断熱性や防音性を高めるためには、屋根材とは別に断熱材などを購入する必要があります。

しかし、耐久性はガルバリウム鋼板の方が高いです。

まとめ

今回は、スレート屋根とガルバリウム鋼板の特徴を紹介し、それらを比較しました。

住宅によってニーズや重視するポイントは異なるので、より当てはまる方を選ぶと良いでしょう。

当社は、外壁や屋根塗装、DIYのサポートなどのサービスを提供しています。

興味がある方はぜひ一度ご相談ください。

ピックアップPICKUP