スタッフブログ

屋根塗装は頻繁に行う工事ではないため、何をするべきかわからない方も多いのではないでしょうか。
さらに、家の中で行えない屋根塗装は、水しぶきにより近隣トラブルに発展しやすいと言われており、周囲への十分な配慮も必要です。
そこで今回は、屋根塗装と水しぶきの対策についてご紹介します。

□屋根塗装に高圧洗浄が必要な理由とは

屋根塗装をする際は、屋根材に付着した汚れや埃、カビ、古い屋根の剥がれかけた塗膜などを取り除かなければ、見た目が悪くなるだけでなく、塗装後すぐに塗料が剥がれてしまう原因になります。
そのため、屋根塗装前に高圧洗浄機を使って洗浄することで、高い水圧で汚れや埃、カビ・コケ、塗膜表面の粉上のチョーキング、剥がれかけた塗膜などを落とす必要があります。

高圧洗浄をすることで、普通の洗浄では落ちない不要な物を簡単に落とせ、屋根塗装の仕上がりを美しくします。
さらに、屋根材と塗料の密着度が増し、高品質の屋根塗装の実現に繋がるのです。


プロタイムズ岡山赤磐店(あどペイント)では、岡山県赤磐市・岡山市を中心に地域密着で外壁塗装・屋根塗装を承っております。最新技術の習得と更なる技術向上のために、定期的に職人に対して日々技術研修を行っています。
施工事例イベント情報も定期的に更新していますのでぜひ覗いてみてくださいね♪


□水しぶきの飛散を防ぐ方法とは

近隣トラブルの原因となりやすい水しぶきの飛散ですが、以下のような方法でしっかりと養生するとそのほとんどは防げます。

*飛散防止メッシュシートで養生する

外装工事の際に、グレーのメッシュシートが足場や建物全体を覆っている様子を見たことがある方も多いのではないでしょうか。
施工業者の広告が貼られていることもあるそのシートが飛散防止メッシュシートです。


メッシュと聞くと性能に不安があるかもしれませんが、非常に硬く頑丈で網目が細かく詰まったメッシュであるため、高圧洗浄の水しぶきをシート外に出さず、近隣に飛散しないようにしっかりとガードできます。

*ブルーシートを活用する

屋根は外壁以上に汚れが溜まりやすいため、屋根の高圧洗浄の際は、より汚い水が近隣に飛散してしまいます。
そのため、屋根をブルーシートで覆い汚れた水が飛び散らないようにすることが大切です。

さらにブルーシートであれば飛散防止メッシュシートよりも簡単に手に入れられるというのも魅力です。

□まとめ

今回は、屋根塗装に高圧洗浄が必要な理由と水しぶき飛散の対策について解説しました。
高圧洗浄により屋根のごみや汚れなどをしっかり落としてから屋根塗装に取り掛からなければ、見栄えが悪く耐久性の低い塗装になってしまいます。
美しく長持ちする外壁塗装のために、高圧洗浄は必須の工程です。
また、近隣トラブルの原因となりやすい水しぶきの飛散は、専用の飛散防止メッシュシートや手に入れやすいブルーシートで屋根を覆うことで防止できます。
これらのことを考慮して、屋根塗装を検討してみてはいかがでしょうか。

ピックアップPICKUP