外壁の塗り替え時期と耐用年数

外壁の塗り替え時期っていつだか知っていますか?
よく言われるのは10年周期に塗り替えが必要と言われており、耐用年数を過ぎてもお手入れしないと家の内部まで大きな影響を与えてしまい、家の寿命を短くしてしまうこともあるんですよ。

また、適切な時期の塗替えはとても大切ですが、まだピカピカな外壁の方からご依頼を受けるのも意外に多いものです。早い周期で塗り替えるのは悪いことではありませんが、費用の負担が重くのしかかるため、おすすめはできません。

そこでここでは「どんな時に塗り替えるのがいいのか?」や、塗り替えサインの見分け方など、外壁塗装の塗り替え時期の見分け方についてお伝えしていきます。

塗料の耐用年数

塗料を選ぶ基準はカラーや価格だけでなく、機能性や耐用年数にも目を向けなければなりません。というのも、塗料の種類によって耐用年数は大きく異なり、初期費用は安くても頻繁に塗り替えることでトータルコストはマイナスとなってしまうことも多いですね。

まずは、代表的な塗料の耐用年数をみていきましょう。

アクリル系塗料:(耐用年数・5年から8年程度)

アクリル塗装は発色がよくほかの塗料と比べて手頃な価格なので、よく使われていたタイプの塗料。ですが、紫外線に弱くチョーキング現象が起きやすいというデメリットがあり、塗り替えは5年から8年に一度と短いサイクルでやってきます。

頻繁に外観を変えたい、数年後に取り壊しが決まっているという場合にはいいですが、それ以外ではあまりメリットはないでしょう。悪徳業者の中にはアクリル塗料を使い、かなり安い見積りを作成するケースがみられるため注意が必要です。

現在はアクリル塗装は姿を消しつつありますが、次世代のアクリル系塗料の開発が進んでいます。中にはフッ素塗料と同等の耐用年数15年のものも!一口にアクリル系塗料といっても多彩な種類があるため、納得がいくまで確認しましょう。

ウレタン系塗料:(耐用年数・6年から10年程度)

アクリル塗料よりも紫外線に強いですが、その分費用はアップします。板張りや不燃材・金属製のサイディング壁、モルタル壁全般とヒビが入りやすい外壁とも相性がよく、光沢のある仕上りを好む方におすすめの塗料です。

その反面、汚れが付きやすく、耐用年数も6年から10年程度と塗替え時期が早いというデメリットも。そのため、最近では主により優れているシリコン系塗料を使い、塗装代を節約するために雨樋や戸袋にウレタン系塗料を塗るというスタイルも増えています。

シリコン系塗料:(耐用年数・8年~15年程度)

紫外線に強く汚れを防ぐ効果も高いため、現在主流となりつつある塗料です。気になる価格はウレタン系塗料よりもアップしますが、耐用年数が伸びるためトータルではお得になることも!
モルタル壁や不燃製サイディング壁と相性がよく、費用対効果に優れた塗料といえるでしょう。

フッ素系塗料:(耐用年数・12年~20年)

耐用年数が最も長い塗料であり耐水性や防カビ性にも優れている高機能な塗料ですが、性能の分、価格は高額です。

また、フッ素樹脂といっても製品によって耐用年数や価格が異なるためよく見比べることが大切です。
不燃製サイディング壁やモルタル壁全般に適していますが、不慣れな職人が施工すると効果を発揮することができませんので、この点も注意が必要です。

外壁の耐用年数を長く保つためのには?

塗装は外壁のプロテクターのような存在です。雨風や紫外線を直接外壁に当たらないように守っているのです。当然、塗料の力が衰えてくれば外壁そのものに影響が及びやすくなり、寿命を縮めてしまうことにも直結します。

外壁の耐用年数を長く保つには、塗料ごとの耐用年数に合わせて塗り替えを実施することが一番大切です。そのために、塗料の種類や耐用年数を知り、耐用年数も後半に差し掛かれば点検を依頼できるよう準備しておきましょう。

外壁塗装の目安になるサインは?

サインは外壁に直接現れるため、定期的に確認する習慣を付けるといいですね。改めて外壁をチェックしてみると、いろいろ気づきがあることでしょう。

特に、このような点があれば点検を依頼することをおすすめします。

  • 白い粉が付くチョーキング現象が始まった
  • カビやコケがみられるようになった
  • 外壁にひび割れがみられる
  • 塗装の一部が剥がれている
  • 汚れが目立つようになった
  • 目に見えて色あせてきた
  • 金属がサビてきている

塗り替え時期の目安は?

岡山は温暖な地域ですが、海の近くの方は潮風が劣化を早めるなどお住まいの環境によっても耐用年数に差が生まれます。基本的には10年に一度といわれていますが、気になるサインを見つけたら専門家に診断を依頼することをおすすめします。

岡山県の岡山市、倉敷市、総社市などで外壁の塗り替えにお悩みでしたら、お気軽に品質も技術も地域ナンバーワンの当社までご相談ください!