倉敷市K様邸外壁塗装工事

2018年06月23日(土)
ただいま倉敷市の片島町で外壁の塗装工事をさせていただいてます。 外壁材は窯業系サイディングボードです。 このたびはラジカル制御型フッ素樹脂塗装をご契約いただきました。 フッ素樹脂塗料でラジカル制御された塗料は非常に珍しく高価なものになります。 フッ素樹脂塗料でラジカル制御された商品は岡山で扱っている塗装店を私は知りません。 しかしどんなに良い塗料を使っても下地が良い状態でないと意味がありません。 当社は下地作りに最も力を入れています。 販売メーカーのカタログに耐久年数や高機能性を明記してありますがこれは下地が良好な状態になったときに発揮されることが前提で明記されています。 ですので当社は下地を完全な良好な状態に復旧してから仕上げの塗料を塗っていきます。 今回の窯業系サイディングボードですので1番の重要ポイントは目地のコーキングになります。 よく目地のコーキングを打ち替えせずに塗り替えされる方がいますが目地のコーキングは見た目が痛んでなくても徐々に可塑剤が抜けていて長く持たせることができません。 ですから塗り替えのメンテナンスをされる際は必ず目地のコーキングは打ち替えをしてください。 今日は目地のコーキングをしています。 いつもと同じことをしているだけですが気を抜かずにきっちりとした施工をしていきます。 コーキング終わると次はいよいよ下地の塗装に入ってきます。 それではまた!

  |