岡山市南区S様邸屋根塗装

2018年05月16日(水)
今日はスレート瓦の塗装をしていきます。 スレート瓦はただ普通に塗装するだけでは雨漏りのリスクがあります。 屋根をメンテナンスして雨漏りし出したら塗装しない方が良いのでスレート瓦の塗装の際は注意が必要です。 ではどのような流れで塗装していくのか。 スレート瓦には重なり部分がありますがつなぎ目から入った雨水がこの重なりから流れ出てくるような仕組みになっています。 ですので塗料はねばねばしていますからたくさん重ね塗りをすると重なりが埋まってしまいます。 ですので塗装し終わった後に皮付きなどを使って縁切りをしないといけません。 しかしきれいに仕上がった後に屋根の上に登って縁切り作業すると足形がついてせっかく仕上げたのが見栄えが悪くなります。 そんなこともあって縁切りをせず下から目で見て大丈夫だと確認だけで終わる職人がたくさんいます。 最近では2ミリの隙間を確保するためのタスペーサーと言われる建材があります。 このタスペーサーは見た目はプラスチックのようですがポリカーボネート製で非常に丈夫なものでできています。 このタスペーサーを設置するとスレート瓦の重なり部分の隙間が2ミリ確保されます。 今回はあまり大きな屋根ではなかったのでタスペーサーは700枚程度使用しました。 塗装工程としては下塗りが1回この塗料のインターバルは3時間なので翌日中塗りそしてその翌日に上塗りをしていきます。 今日は下塗りとタスペーサーの設置をしました。 このような感じでスレート瓦の重なり部分の隙間にタスペーサーを挿入していきます。 そして今回の塗料は遮熱塗料ですが下塗り剤も遮熱のためトリプル遮熱効果があります。 これがしたり状況です。

  |