岡山市南区S様邸防水コーキング

2018年05月11日(金)
外壁や屋根の高圧洗浄機による水洗いが終了すると続いて外壁の防水シールを打ち替えていきます。 窯業系サイディングボードはこのシーリング(コーキング)が見た目以上に重要な役割をしています。 モルタル外壁に比べて窯業系サイディングボードの外壁はこの防水シールが破断したり穴が開いたりするとそこからの水の浸入は非常にたくさん入ります。 外壁塗装をする場合はこのシーリングが痛んでいないように見える時もありますが絶対に打ち替えをしてください。 中には業者さんがまだ傷んでないからこの上から塗装するよと言う方もいますが見た目に傷んでいなくてもこのシーリングは基本的には撤去打ち替えをしてください。 撤去打ち替えと言うのは既存の痛んだシーリングを撤去する意味が含まれていますが部位によっては全てを撤去するわけではありません。 サッシ廻りや外壁の入り隅などは既存の上から打ち増すことが多いです。 ボードのジョイントは基本的には打ち替えをします。 撤去が終わるとはみ出さないようにテープを切ってシーリングがしっかりと密着するようにプライマーを塗ります。 ここまでの処理が完了すると次はシーリング材を充填していきます。 充電したシーリング材が硬化しないうちにヘラで表面をならしていきます。 きれいに仕上がったら養生材を剥がして防水は完了です。 下地処理が終わるといよいよ塗装工事に入っていきます。

  |