岡山市南区屋根塗装|外壁塗装工事

2019年01月21日(月)
今日は屋根の塗装をしています。 今回の屋根はスレート瓦の屋根です。 スレート屋根の塗装メンテナンスは少し注意が必要です。スレート屋根の構造上、建材の重なり部分から雨水が抜ける構造の為この箇所を塗料でふさいでしまうと雨水が逆流して漏水の危険性が高まります。 今日は下地を整えるために下地調整材であるシーラーを塗装しています。 今回は屋根には遮熱塗料の仕様ですのでシーラーも専用の物になります。 当社は塗装にはかなりこだわりがありますのでシーラーも遮熱シーラーを使用しています。 スレート瓦のシーラー塗装 シーラーの塗装が完了しますとスレート瓦の塗装メンテナンスには必要不可欠なタスペーサーの設置作業です。 当社はタスペーサー設置はW工法が標準仕様としていますので一枚の瓦に2つのタスペーサーを使用します。 スレート瓦へのタスペーサー設置 タスペーサーの設置作業が終了したら次の工程は上塗り1回目の工程に移ります。 タスペーサーはつなぎ目の両サイド5センチ程度が良いです。 スレート屋根塗装のタスペーサー設置

  |